糖尿病を予防するのは運動と食事生活を中心に改善を!!

糖尿病は食後の血糖値を調べること

糖尿病は食後の血糖値を調べること


空腹時の血糖値が100mg/dl以上または

HbA1c(JDS)5・8以上(NGSP)6・2以上の場合には、

かくれ糖尿病の可能性があります。


食後の血糖値の測定をおすすめします。


食事を取ってから医療機関へ行き、

食後1~2時間の血糖値を調べる方法があります。


糖尿病の正確な診断には、ブドウ糖負荷試験をおすすめします。


食後高血糖は、それだけで心筋梗塞や脳梗塞の原因となる

動脈硬化を進めることがわかってきました。


空腹時の血糖値正常でも、

食後の血糖値が高いと、死亡率が2倍も高くなるのです。


かくれ糖尿病が進み、

1日中血糖値が高い状態が続くようになると、

隠れ糖尿病の特徴である食後高血糖は、

それだけで心筋梗塞や脳梗塞の原因となる

動脈硬化を進めることがわかってきました。


空腹時の血糖値が正常でも、

食後の血糖値が高いと、死亡率が2倍も高くなるのです。


かくれ糖尿病が進み、1日中血糖値が高い状態が続くようになると、

さらに眼や腎臓、神経に障害をきたす危険性が高まります。


これらの合併症を防ぐためには、

かくれ糖尿病の段階で早期発見、早期治療することが大切です。   


隠れ糖尿病の特徴である食後高血糖は、

それだけで心筋梗塞や脳梗塞の原因となる

動脈硬化を進めることがわかってきました。


空腹時の血糖値が正常でも、食後の血糖値が高いと、

死亡率が2倍も高くなるのです。


かくれ糖尿病が進み、1日中血糖値が高い状態が続くようになると、

さらに眼や腎臓、神経に障害をきたす危険性が高まります。


これらの合併症を防ぐためには、

かくれ糖尿病の段階で早期発見、早期治療することが大切です。


さらに眼や腎臓、神経に障害をきたす危険性が高まります。


これらの合併症を防ぐためには、

かくれ糖尿病の段階で早期発見、早期治療することが大切です。


powered by Quick Homepage Maker 5.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional