糖尿病を予防するのは運動と食事生活を中心に改善を!!

糖尿病は食後の眠気に注意を

糖尿病は食後の眠気に注意を


食後に眠気を感じたり、

昼食後の2~3時間で我慢できない強い眠気を感じることがあれば、

糖尿病の可能性を考えた方がいいかもしれません。


糖尿病が眠気という症状を起こすのは、

血糖値の乱高下が起こるためです。


血糖値が急に高くなりすぎたり、低くなりすぎたりして、

脳に必要なエネルギーが確保できず、

脳を休ませようとして眠気を起こしています。


急激な血糖値の変化は身体にとって生命の危機として対処されます。


そのため、できるだけ活動を少なくさせようとするのです。


心身に休息が必要な時に、

ひどいときは昏睡状態になるのと同じ理由なのです。


糖尿病は、血液中の糖の量である血糖値が高くなり、

血管を痛めるなどの合併症を引き起こすことが怖い病気と言われています。


しかも、糖尿病は完治しない病気であり、

生活習慣でコントロールするしかありません。


逆に言えば、誰もが糖尿病になる可能性があり、

それは生活習慣さえ注意をしていれば悪化をさせずに、

コントロールができる体質であるともいえます。


powered by Quick Homepage Maker 5.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional