糖尿病を予防するのは運動と食事生活を中心に改善を!!

糖尿病の食事を単位で考える

糖尿病の食事を単位で考える


世間には「糖尿病」の為の食事として、色々な本が出版されています。


その中でも「食品交換表」といって、

一日に摂取する食物エネルギーを6つの食品群に分類し、

1単位を80kcalとして1日のカロリー計算をし食事をするという方法があります。


例えば1日に1200kcalとして制限されると、

15単位(15×1単位のカロリー(80kcal)=1200kcal)

をどうやって摂取(食事とはいえない量です)するかという事になります。


摂取する際には6つに分けた食品群の割合が決められていて、

例えばご飯だけを食べるなどという暴挙をすると健康の為にはよくありませんので、

バランス良く食べるためにある程度の割合が決められています。


そしてその割合に従った食事をすることになります。


食事も一日三食規則正しく食べるのは当たり前ですが、

朝・昼・夕と、それぞれの食事の中で一日15単位の中で割合が決められたりもします。


しかし世間で出版されている本には、この「食品交換表」の食品の数が少な過ぎます。


「日本糖尿病学会」編の食品交換表でさえ、満足のいくものではありません。


この理由は恐らく、食品交換表をいくら詳しく掲載しても、

良質のたんぱく質や糖質・脂肪やミネラルなどといった、

バランスの良い食事を作ることが難しいからだと思われます。


結局は宝の持ち腐れで、使える人がいないというのが現状なのでしょう。


げんに販売されている多くの本には、

これが○○グラムの量ですという感じの写真が多く掲載されています。


それも本によって食品掲載の内容が違っています。


しかしこれらのデータは、国で調査しているデータからのものなのです。


そしてこの「食品交換表」の80kcalを1単位とした内容を、

国で調査した全ての食品が掲載されている本(高くて厚い)

から計算して求めるというのは大変な労力が必要となります。


powered by Quick Homepage Maker 5.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional