糖尿病を予防するのは運動と食事生活を中心に改善を!!

糖尿病の食事と果物について

糖尿病の食事と果物について


必要以上食べると血糖値が上がってしまうので、インシュリンを必要とすること。


過食すればする程、インシュリンを作るのに膵臓に負担がかかって、

膵臓にストレスがかかる。


適度に分けて食べていると、インシュリンに負担が少なくなる。


聞いた話では、一日3回と限らず、

少ない量に分けて何度も食べた方が血糖値が上がらないので、

インシュリンは少なくてすむ。


だから、膵臓を休ませる事ができる。


それなら、植物線維が血糖値の上昇を防いでくれるので、野菜を沢山食べる。


では、果物の場合にはどうなんでしょう。


● 果物の場合

ぶどうやマンゴーを除く果物は、果糖による甘みなので食べて構わない。


  • 食べても良い果物

りんご

みかん、オレンジなどの柑橘類。

グレープフルーツは糖尿病に良い。

バナナ、パイナップル、


  • 食べない方が良い果物

ぶどう

マンゴー


powered by Quick Homepage Maker 5.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional