糖尿病を予防するのは運動と食事生活を中心に改善を!!

糖尿病での食材選びは?

糖尿病での食材選びは?


血糖値は、食事を取った直後は上昇しており、

インスリンの作用などによって、徐々に減少して正常に戻ります。


ですが、食後に数時間経過しても、

血糖値が減少していかない状態は、糖尿病の疑いがあります。


こういった方は特に、

血糖値の数値を下げるのを助ける作用がある食材を

積極的に取るようにすると良いでしょう。


血糖値をコントロールするためには、

健康によい食材を選んで食べるようにしましょう。


甘いものは、血糖値をあげるので、あまり摂取しないほうが良いですが、

ストレスになる場合は、食べる量を決めて、計画的に食べるようにしましょう。


健康維持に役立つ食べ物に、ビタミンCを多く含む、ゴーヤがあります。


ゴーヤは、ビタミンCのほかに、カリウムやビタミンEも含まれており、

健康食として、知られています。


また、ゴーヤの種には、食物繊維が多く、糖分の吸収を抑制することができ、

さらに、インスリンに似た働きをする成分が含まれているので、

血糖値のコントロールに役立つ食材といえます。


食材を選ぶ際には血糖値を下げるのは、もちろんですが、糖分を分解して、

吸収されないようにする作用があるものや消化、吸収を助けるものや

血液の流れを助けるものを積極的に取り入れるようにしましょう。


DHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(エイコサペンタエン酸)などは、

血栓が出来るのを予防し、動脈硬化の予防に繋がります。


これらが多く含まれている食材には、背中が青い魚などが代表的な食材です。


また、肉には、悪玉コレステロールが含まれるので、

動物性のたんぱく質を取るときは、魚の方が良いでしょう。


また、良質なたんぱく質には、大豆などもあげられます。


血糖値を下げるのに、役立つ食材には、血液をサラサラにするたまねぎや

血糖値の上昇を遅らせることが出来る酢などの食材もあります。


そのほかにも、バナナやこんにゃくなども健康促進の食材です。


powered by Quick Homepage Maker 5.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional